本要約【最高の体調】鈴木祐/パレオな男 #90

スポンサーリンク
3社会科学
スポンサーリンク

概要

鬱病、肥満、散漫な集中力、慢性疲労、モチベーションの低下、不眠、弱い意志力など、一見バラバラのように見える問題も、根っこまで下りてみれば実は同じもの。すべては一本の線でつながっています。

日々の不調や不満には様々なレベルがあります。
たんに朝起きれないという人もいれば、仕事の集中力が続かなくて作業が進まないという人もいるでしょう。
さらには、怒りや不安がコントロールできずに人生が上手くいかない人、つねに体調不良に襲われている人、毎日の暮らしに張り合いがなく空虚な気持ちのまま暮らしている人など、症状や問題の深刻さには個人差があるはずです。

通常、これらの問題は別々に取り扱われます。
やる気がない人には「自己啓発本」、仕事の効率が悪ければ「ビジネス書」、感情のコントロールができない人には「心理学書」、体の不調には「家庭の医学書」といった具合です。
これはこれで効率的なアプローチですが、いっぽうでデメリットも存在します。それぞれの問題が、あたかも別々の現象であるかのように見えてしまうため、どうしてもその場しのぎの解決策になりがちなのです。
風邪を引いたら風邪薬を飲み、関節が腫れたら軟膏を塗り、頭痛が起きたら痛み止めを手に取る。これらの対処法は間違いではないものの、あくまで表面に現れた症状をやわらげているに過ぎません。症状の奥にある本当の原因を突き止めない限り、今後も同じ問題は起き続けるはずです。

そこで、本書では、より総合的なアプローチを取ります。
まずは現代人が抱える問題の「共通項」をあぶりだし、そのうえで、すべてを柔軟に解決する汎用的なフレームワークを提供するのが最終的なゴールです。

詳しいことは、科学的根拠のもと、実践的に解説していきます。ぜひ本書を読んで、文明病から脱却し、本来の自分を取り戻していただけたら幸いです。

トランス脂肪酸を避ける

1ヶ月後
1ヶ月後

人との食事といただきものはご褒美だと捉え、トランス脂肪酸も摂っています!

3ヶ月後
3ヶ月後

自炊するときは、トランス脂肪酸は摂りません!

2022年12月
2022年12月

人との食事は共有体験となるため、気にせず食べています!

人類は農耕で栄養不足になった

1ヶ月後
1ヶ月後

野菜や果物を1kg以上食べるので、主食は米にしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

低FODMAPのため、自炊するときの主食は、白米よりジャガイモとかぼちゃを優先しています!

2022年12月
2022年12月

効率を意識して野菜や果物を1kg食べ、主食は米にしています!

無添加の石鹸を使う

1ヶ月後
1ヶ月後

無添加のソープで週1全身を洗っています!

3ヶ月後
3ヶ月後

肌ラボの極潤ヒアルロン泡洗顔で顔を1日2回、無添加ソープで全身を週1洗っています!

2022年12月
2022年12月

意識せずとも問題なく面倒なので、家族のものを週に1度使っています!

発酵食品は幅広く食べる

1ヶ月後
1ヶ月後

納豆と味噌、ヨーグルト、りんご酢をスタメンにキムチやチーズも食べています!

3ヶ月後
3ヶ月後

低FODMAP中でチーズ以外は控えています!

2022年12月
2022年12月

納豆や味噌をスタメンにし、他は機会があれば食べています!

下痢にならない範囲で食物繊維を増やす

1ヶ月後
1ヶ月後

野菜800gと果物200g、主食はご飯で様子見しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

低FODMAPのため、ほうれん草やニンジン、ジャガイモで食物繊維を摂っています!

2022年12月
2022年12月

低FODMAPを試してバナナを維持しつつ、ネギ類や乳製品も少量なら食べれています!

あなたも読書を始めよう

・自分が最大の資本であり、最大の投資先になる

・今が人生で一番若く、早く始めるほど複利が働く

・本は信憑性があり、読書は能動的ため成長できる

自己投資 は 20代 × 読書 が 最強 !?理由を分かりやすく論理的に説明!
悩める人社会人になったけど自己投資とかした方がいいのかな?悩める人した方が良さそうだけどなぜ自己投資するのかしら?自己投資といっても色々あり、読書でいいのか気になるところだと思います。自己投資や読書が良いことはなんとなくわかっていても、せっ...

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

疲労・肥満・不眠・不安・病気・老化―文明病から脱却し、本来の自分を取り戻せ!!進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法。

著者について

著者略歴:鈴木祐(すずき・ゆう)
新進気鋭のサイエンスライター。1976年生まれ、慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアをテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。近年では、自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、3年で月間100万PVを達成。また、ヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/祐
新進気鋭のサイエンスライター。1976年生まれ、慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアをテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。近年では、自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、3年で月間100万PVを達成。また、ヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら