45生物学

スポンサーリンク
4自然科学

本 要約【遺伝と平等 人生の成り行きは変えられる】キャスリン・ペイジ・ハーデン #715

概要遺伝とはくじ引きのようなもの―だが、生まれつきの違いを武器とできれば、人生は変えられる。遺伝と学歴の関係や双子の研究をしてきた気鋭のアメリカの研究者が、科学と社会をビッグデータでつなぎ「新しい平等」を指向する、全米で話題の書。最新遺伝学...
4自然科学

本 要約【寿命は遺伝子で決まる】シャロン・モアレム #655

概要女性のほうが生まれながらに遺伝的優位性をもつ現象を、とりわけ寿命、回復力、知的障害、耐久力に関しては男性を大きく引き離している様子とともに紹介。また、なぜ様々な分野でこの事実が退けられてきたのかも掘り下げる。著者シャロン・モアレム科学者...
4自然科学

本 要約【進化生物学者 身近な生きものの起源をたどる】長谷川政美 #628

概要身近な生きもの、なじみ深い生きものを取り上げ、どのように進化してきたか、最新研究を踏まえ紐解く。生きものの家系図である「系統樹マンダラ」や、著者自ら撮影した写真をふんだんに掲載。『Web科学バー』連載に加筆。著者長谷川政美[ハセガワマサ...
4自然科学

本 要約【協力の生命全史】ニコラ ライハニ #577

概要・多細胞生物が誕生したのは「協力」が利益をもたらすためである・ミツバチやアリのコロニーは「超個体」のように振る舞う・母親と胎児は栄養分をめぐって争う・姑が嫁の子育てを手伝うのにはわけがある・詐欺やたかり、汚職や賄賂、身内びいきも協力の産...
4自然科学

本 要約【人間性の進化的起源】ケヴィン レイランド #556

概要文化、テクノロジー、科学、芸術を司る能力は、どのように生まれたのか。人間という動物のもつ知性や心的性質といった「人間らしさ」の進化的起源を、文化進化を軸にひもとく。著者 ケヴィン・レイランドPhD.セント・アンドリュース大学行動・進化生...
4自然科学

本 要約【生物はなぜ死ぬのか】小林武彦 #524

概要生命の死には重要な意味がある。遺伝子に組み込まれた「死のプログラム」とは-。根源的な疑問である「そもそもなんで生き物は死ぬのか」について、生物学的視点から考察する。著者 小林武彦[コバヤシタケヒコ]1963年生まれ。神奈川県出身。九州大...
4自然科学

本 要約【まちがえる脳】櫻井芳雄 #462

概要人はまちがえる。それは、どんなにがんばっても、脳がまちがいを生み出すような情報処理を行っているから。しかし脳がまちがえるからこそ、わたしたちは新たなアイデアを創造し、高次機能を実現し、損傷から回復する。そのような脳の実態と特性を、最新の...
4自然科学

本 要約【生まれが9割の世界をどう生きるか】安藤寿康 #456

概要子どもに親は選べない、どんな環境に生まれるかは運任せ。「親ガチャ」という言葉には、遺伝と環境がすべてならば、努力することに意味はないといった若者の諦念がある。遺伝が、あらゆる要素に影響するのは事実である。しかし、だからといって人生に意味...
4自然科学

本 要約【脳の地図を書き換える】デイヴィッド イーグルマン #439

概要人が視覚や聴覚、または身体の一部を失った時に脳内ではどのようなことが起きているのか。また科学技術を駆使して脳の機能を拡張させ、身体に五感以外の新たな感覚をつくることは可能か。最先端の脳科学と人類の未知なる可能性を著名な神経科学者が語り尽...
4自然科学

本 要約【オスとは何で、メスとは何か?】諸橋憲一郎 #432

概要生物はオス/メスが別個に存在しているのではなく、じつは両者は連続している―「性」の本質をそう捉える驚きの研究が、生物学の最前線で進んでいる。性は生涯変わり続けている?全ての細胞と、その集まりである臓器や器官は独自に性を持っている?さまざ...
スポンサーリンク