33経済財政統計

スポンサーリンク
3社会科学

本 要約【資本主義の次に来る世界】ジェイソン・ヒッケル #716

概要デカルトの二元論は「人間」と「自然」を分離した。そして資本主義により、自然や身体は「外部化」され、「ニーズ」や「欲求」が人為的に創出されるようになった。資本主義の成長志向のシステムは、人間のニーズを満たすのではなく、「満たさないようにす...
3社会科学

本 要約【人口減少社会のデザイン】広井良典 #717

概要2050年、日本は持続可能か?「日立京大ラボ」のAIが導き出した未来シナリオと選択。「都市集中型」か、「地方分散型」か、あるいは第3の道はあるのか。借金の先送り、格差拡大、社会的孤立の進行…転換を図るための10の論点と提言。著者広井良典...
3社会科学

本 要約【科学と資本主義の未来】広井良典 #719

概要AIならば可能なのか。将来世代はどうなるのか。今という時代を「限りない拡大・成長」と「持続可能性」に向かうベクトルの“せめぎ合い”の時代としてとらえ、 過去・現在・未来を俯瞰する超長期の時間軸から科学と資本主義の未来を展望する。一貫して...
3社会科学

本 要約【きみのお金は誰のため】田内学 #658

概要お金自体には価値がない、お金で解決できる問題はない、みんなでお金を貯めても意味がない。3つの謎を解いたとき、世界の見え方が変わった。大人も子どもも知っておきたい経済教養小説!学校では教えてくれない「お金と社会の本質」がわかる!著者田内学...
3社会科学

本 要約【人生が充実する時間の使い方】キャシー ホームズ #616

概要常に、ありとあらゆるタスクに追われ、「やりたいことをやる時間がない!」と嘆いている私たち。そんな「時間貧乏」から脱出するため、本書が紹介する14点のエクササイズに取り組み、「最適」な時間のつかい方を設計しよう。やることを減らしても、時間...
3社会科学

本 要約【レジリエンスの時代】ジェレミー リフキン #607

概要再野生化する地球で、人類が生き抜くためには、経済・政治・社会の大転換が必要だ。地球を人類に適応させる「進歩の時代」から人類が地球に抵抗し、自然界と共存する「レジリエンスの時代」へ。世界的な経済社会理論家が描く、危機脱出のための処方箋!著...
3社会科学

本 要約【ヤバい統計】ジョージナ・スタージ #629

概要「データ」や「エビデンス」に基づいてさえいれば、その政策や意思決定は正しく、信用できると言えるのか?私たちは政府統計を信頼しきっているが、その調査の過程やデータが生み出されるまでの裏側を覗けば、あまりにも人間臭いドタバタ劇が繰り広げられ...
3社会科学

本 要約【21世紀の不平等】アンソニー B アトキンソン #588

概要ピケティの師アトキンソン、格差をあきらめない15の方法。不平等研究の権威が現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。著者 アンソニー・B・アトキンソンオックスフォード大学ナフィールドカレッジ元学長。現在、オックスフォード大学フェロ...
3社会科学

本 要約【21世紀の資本】トマ ピケティ #586

概要資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す。本書の唯一の目的は、過去からいくつか将来に対する慎ましい鍵を引き出すことだ。著者 トマ・ピケティ1971年、クリシー(フランス)生まれ。...
3社会科学

本 要約【勘違いが人を動かす】エヴァ ファン デン・ブルック/ティム デン ハイヤー #581

概要「論理」よりも「情熱」よりも「認知バイアス」が人を動かす。罰も報酬も、知識も議論も、感動も約束もないのに、なぜ人間の行動は「意識できない些細な仕掛け」に自然と誘導されてしまうのか?著者 エヴァ・ファン・デン・ブルック行動経済学者。ユトレ...
スポンサーリンク