本 要約【怠惰への讃歌】バートランド ラッセル #461

スポンサーリンク
1哲学宗教心理学
1.0
スポンサーリンク

概要

労働生産性が向上して、それでも同じように働けば、過剰な生産と失業が生まれるのは当然。

では、どうすれば?働かなければいいんです!働くこと自体は徳ではない。

働かない時間を、価値ある生の時間を得るためにこそ、人は働く。

明快に説かれる七十余年前の提言、半世紀前の翻訳が、いまこそ深く胸に落ちる。

十五篇の名エッセイ。

著者 バートランド・ラッセル

1872‐1970。イギリスの哲学者、論理学者。ケンブリッジ大学に学ぶ。第一次世界大戦に反対してケンブリッジの教授職を追われ、投獄されたのをはじめ、第二次大戦後には、核兵器廃絶運動(「ラッセル=アインシュタイン宣言」、1955年など)、ベトナム戦争反対(サルトルらと国際戦争犯罪法廷開催、1967年など)など精力的に活動した。

怠惰を謳歌する

2023年9月
2023年9月

ファックユーマネーを手に入れるため、節約しつつ得意な本業と好きな副業でWワークします!

2023年11月
2023年11月

世界や生命、人間、自分の理解を深めるため、1日1冊の乱読とながら聴き、行動をします!

あなたも読書を始めよう

・自分が最大の資本であり、最大の投資先になる

・今が人生で一番若く、早く始めるほど複利が働く

・本は信憑性があり、読書は能動的ため成長できる

自己投資 は 20代 × 読書 が 最強 !?理由を分かりやすく論理的に説明!
悩める人社会人になったけど自己投資とかした方がいいのかな?悩める人した方が良さそうだけどなぜ自己投資するのかしら?自己投資といっても色々あり、読書でいいのか気になるところだと思います。自己投資や読書が良いことはなんとなくわかっていても、せっ...

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら