本 要約【世界は贈与でできている】近内悠太 #410

スポンサーリンク
9文学
1.0
スポンサーリンク

概要

最有望の哲学者、「希望」のデビュー作。

「仕事のやりがい」「生きる意味」「大切な人とのつながり」―。

なぜ僕らは、狂おしいほどにこれらを追い求めるのか?

どうすれば「幸福」に生きられるのか?

ビジネスパーソンから学生まで、見通しが立たない現代を生き抜くための愛と知的興奮に満ちた“新しい哲学”の誕生!

著者 近内悠太

1985年神奈川県生まれ。教育者。哲学研究者。慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業、日本大学大学院文学研究科修士課程修了。専門はウィトゲンシュタイン哲学。リベラルアーツを主軸にした総合型学習塾「知窓学舎」講師。教養と哲学を教育の現場から立ち上げ、学問分野を越境する「知のマッシュアップ」を実践している。『世界は贈与でできている―資本主義の「すきま」を埋める倫理学』がデビュー著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

相手の言語を理解する

2023年7月
2023年7月

相手や集団の行動が理解できないときは、文化的な背景や構造を考えます!

2023年9月
2023年9月

相手や集団の行動が理解できないときは、文化的な背景や構造を考えます!

2024年6月
2024年6月

相手や集団の行動が理解できないときは、文化的な背景や構造を考えて思いやります!

呪いに気をつける

2023年7月
2023年7月

矛盾していることは確認し、呪いはかけないようにします!

2023年9月
2023年9月

相手が矛盾していることは指摘し、自分から呪いをかけないようにします!

2024年6月
2024年6月

黄金律より白銀律を採用し、余裕がある時は白金律で傾聴し、他者と関わっていきます!

贈与だと想像する

2023年7月
2023年7月

同じ事実でも自分に都合の良い想像をし、解釈していきます!

2023年9月
2023年9月

認知と感情、思考、行動を分けて認知と感情を受入れ、価値につながる思考と行動をします!

2024年6月
2024年6月

知識や想像力に全振りするため、本2/1冊、漫画0/6冊、映画0/1本、ゲーム0/3hを目指します!

あなたも読書を始めよう

・自分が最大の資本であり、最大の投資先になる

・今が人生で一番若く、早く始めるほど複利が働く

・本は信憑性があり、読書は能動的ため成長できる

自己投資 は 20代 × 読書 が 最強 !?理由を分かりやすく論理的に説明!
悩める人社会人になったけど自己投資とかした方がいいのかな?悩める人した方が良さそうだけどなぜ自己投資するのかしら?自己投資といっても色々あり、読書でいいのか気になるところだと思います。自己投資や読書が良いことはなんとなくわかっていても、せっ...

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら