本 要約【はじめての哲学的思考】苫野一徳 #149

スポンサーリンク
1哲学宗教心理学
スポンサーリンク

概要

なぜ人を殺してはならないの?生きる意味とは何だろう?人生の問いから社会の難問まで力強く「解き明かす」哲学の考え方を知ろう。

哲学と科学は鶏と卵の関係である

2022年8月
2022年8月

過去の事実から意味を考え、望む未来に近づく行動をしていきます!

2022年10月
2022年10月

プラトン思考の仮説とアリストテレス思考の検証を使い分けています!

2023年7月
2023年7月

プラトンとデカルトの理性論、アリストテレスとベーコンの経験論を使い分けていきます!

帰謬法で相手を土俵に上げる

2022年8月
2022年8月

①の結局、価値観を使っているので、無理なら②の同じ人でもケースバイケースだと言います!

2022年10月
2022年10月

引き続き①の人それぞれで通じない相手は、②の何年前もそうだった?を使います!

2023年7月
2023年7月

攻撃的に帰謬法を使ってきた相手とは、時間の無駄なので距離を取るようにします!

不幸を避けるには能力を上げて欲望を下げ、欲望を変える

2022年8月
2022年8月

30歳までは能力を上げ、自由の欲望に近づてみます!

2022年10月
2022年10月

1000万円の貯金か月5桁の副業を達成で仕事を辞めます!

2023年7月
2023年7月

1000万円の貯金か月5桁の副業収入まで、節約しつつ本業と副業でWワークします!

商品の説明

出版社からのコメント

誰もが納得できるような考えに到達するための、力強いさまざまな思考法に満ちている哲学。その思考法のエッセンスを、初学者にも理解できるよう伝える。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ人を殺してはならないの?生きる意味とは何だろう?人生の問いから社会の難問まで力強く「解き明かす」哲学の考え方を知ろう。

著者について

苫野一徳
1980年生まれ。熊本大学准教授。博士(教育学)。早稲田大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。早稲田大学教育・総合科学学術院助手、日本学術振興会特別研究員などを経て現職。専攻は、哲学・教育学。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

苫野/一徳
1980年生まれ。熊本大学准教授。博士(教育学)。早稲田大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。早稲田大学教育・総合科学学術院助手、日本学術振興会特別研究員などを経て現職。専攻は、哲学・教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら