本 要約【スモールワールド・ネットワーク】ダンカン ワッツ #140

スポンサーリンク
4自然科学
スポンサーリンク

概要

たった6つのステップで、わたしたちは全世界の人々と繋がっている!社会学者スタンレー・ミルグラムが発見した「スモールワールド現象」は、最近になって初めて数理的な解明がなされた。その立役者こそ本書の著者ダンカン・ワッツであり、病気の流行、大規模停電、ハリー・ポッターの大ヒットなどの現象には様々なネットワークのタイプが存在することを彼は明らかにした。本書は「ネットワークの科学とはどのようなものか」を数式を用いず平明に解説。そして、共同研究者やライバルとの知的格闘の中から新しい科学が作り上げられていく過程を記した、比類ないドキュメントでもある。文庫化にあたり読書案内・参考文献・索引等を増補。

世間は狭い

2022年7月
2022年7月

誇れる行動をしても安倍さんの事件になり兼ねないので、家族や親友に言える行動をします!

2022年10月
2022年10月

兄や親友に言える行動をしています!

2023年6月
2023年6月

兄や親友に言えない行動はしないようにし、大切な人を大切にしています!

未来に関心を持つ

2022年7月
2022年7月

続けられる勤勉と節約をし、富を蓄積しています!

2022年10月
2022年10月

一生分の生活費を先に確保するため、続けられる節約と勤勉を続けます!

2023年6月
2023年6月

心身や金銭的に続けられ、強みを活かしつつ楽しめることをします!

意思決定が他人に与える影響を理解する

2022年7月
2022年7月

長い人生で自由の価値を追求するため、30歳まで応用の効く読書に励みます!

2022年10月
2022年10月

30歳までに1日1冊の本を読む習慣と自分の一生の生活費を確保します!

2023年6月
2023年6月

1日1冊の読書はできたので、1000万円貯金を加速するため、ブログの記事を増やします!

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

たった6つのステップで、わたしたちは全世界の人々と繋がっている!社会学者スタンレー・ミルグラムが発見した「スモールワールド現象」は、最近になって初めて数理的な解明がなされた。その立役者こそ本書の著者ダンカン・ワッツであり、病気の流行、大規模停電、ハリー・ポッターの大ヒットなどの現象には様々なネットワークのタイプが存在することを彼は明らかにした。本書は「ネットワークの科学とはどのようなものか」を数式を用いず平明に解説。そして、共同研究者やライバルとの知的格闘の中から新しい科学が作り上げられていく過程を記した、比類ないドキュメントでもある。文庫化にあたり読書案内・参考文献・索引等を増補。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ワッツ,ダンカン
1971年生まれ。コーネル大学で博士号取得。「スモールワールド現象」を解明する数理モデルをスティーブン・ストロガッツとともに研究し、1998年に『ネイチャー』誌に発表。ネットワーク科学の研究をリードする気鋭の社会学者である。現在コロンビア大学教授

辻/竜平
1968年、京都府生まれ。カリフォルニア大学アーヴァイン校博士課程修了。信州大学教授

友知/政樹
1973年、沖縄県生まれ。カリフォルニア大学アーヴァイン校博士課程修了。沖縄国際大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら