本 要約【シリコンバレー式 よい休息】アレックス スジョン キム パン #125

スポンサーリンク
3社会科学
スポンサーリンク

概要

創造的なアイデアは「よい休息」から生まれる!

働き方の本はたくさんありますが、本書は「休息」についての本です。しかし、書かれているのは、だらっと時間を過ごす「休息」ではありません。創造性を高め、高パフォーマンスを発揮するための「戦略的休息」の取り方について、詳しく解説しています。
実は、私たちの脳は、一生懸命仕事をしているだけでなく、ぼんやりしているときでも、活発に動いていることがわかっています。この時、思考が整理され、アイデアが生まれやすい状態になります。
会議で長時間議論してもいいアイデアが出ないのに、朝歯を磨いていたり、電車に乗って外をぼーっと眺めていたりするとき、いいアイデアがひらめいたりした経験はありませんか。
「働いている時間」も大事ですが、「働いていない時間」の過ごし方も、結果を出すためにはとても大事です。むしろ、「働いていない時間」の中身を濃くして「戦略的」に過ごすことができれば、働く時間は今よりずっと短くても、高いパフォーマンスを出せるようになります。
仕事が順調に進んでいる時に、その日の仕事を終える。そして、次にどうするかは考えず、明日までそのままにしておく。文豪アーネスト・ヘミングウェイはこの方法をとっていたことで知られています。
文の途中でやめておけば、潜在意識はその先の展開をずっと考え続け、執筆を中断しなかった場合よりもすばらしい結果が出ることを、彼は直感的に知っていたのです(第1部の『中断』で詳述します)。
このように「働いていない時間」の中身を濃くして「戦略的」に過ごし、結果を出す具体的な方法を、本書ではふんだんに紹介します。

労働時間は1日4時間に収束する

1ヶ月後
1ヶ月後

後で面倒にならない範囲で仕事をし、読書やブログをしています!

2022年7月
2022年7月

引き続き効率良く仕事をし、読書やブログをしています!

2023年5月
2023年5月

60点を目指して効率良く本業で稼ぎ、読書やブログなど追求したいことを副業にしています!

歩くことで創造性が上がる

1ヶ月後
1ヶ月後

最低でも私用は30分おきに、仕事は60分おきに歩くようにしています!

2022年7月
2022年7月

時間は気にせず、集中力の低下を感じれば、歩くようにしています!

2023年5月
2023年5月

30分~60分を目安に集中が切れれば、ステッパーも用いて歩いてます!

昼寝で1日を2日に分ける

1ヶ月後
1ヶ月後

普段は25分を目安に昼寝をし、疲れているときは90分の昼寝をしています!

2022年7月
2022年7月

引き続き、普段は25分を目安に昼寝をし、疲れているときは90分の昼寝をしています!

2023年5月
2023年5月

職場はコーヒーで30分、家や外回りの車内はノンカフェインで目が覚める1時間にしています!

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『よい休息』を理解し、活用するための4原則―原則1 労働と休息はパートナーだ。原則2 休息は活動である。原則3 休息は技術である。原則4 戦略的休息は、創造性を刺激し、維持する。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

パン,アレックス・スジョン‐キム
レストフル・カンパニー代表。スタンフォード大学客員研究員。スタンフォード大卒。シリコンバレーを拠点に、マイクロソフトリサーチ、サイード・ビジネススクール、ストラテジック・ビジネス・インサイト(スタンフォード大系シンクタンク)などで、20年にわたって、テクノロジーの動向を研究するコンサルタントとして活動してきた。2016年、企業に「よい休息」をコンサルティングするレストフル・カンパニーを創業した

野中/香方子
翻訳家。お茶の水女子大学文教育学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者について

アレックス・スジョン‐キム・パン Alex Soojung-Kim Pang
レストフル・カンパニー代表。スタンフォード大学客員研究員。スタンフォード大卒。シリコンバレーを拠点に、マイクロソフトリサーチ、サイード・ビジネススクール、ストラテジック・ビジネス・インサイト(スタンフォード大系シンクタンク)などで、
20年にわたって、テクノロジーの動向を研究するコンサルタントとして活動してきた。2016年、企業に「よい休息」をコンサルティングするレストフル・カンパニーを創業した。

野中香方子 Kyoko Nonaka
翻訳家。お茶の水女子大学文教育学部卒業。主な翻訳書に『2052 今後40年のグローバル予測』『China 2049』(ともに日経BP社)、『137億年の物語』『ネアンデルタール人は私たちと交配した』(ともに文藝春秋)などがある。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら