本 要約【謙虚なコンサルティング】エドガー シャイン #120

スポンサーリンク
3社会科学
スポンサーリンク

概要

「乱気流の時代に適応し続けるための、最強ケイパビリティがこれだ」
三谷宏治 『経営戦略全史』著者、K.I.T.虎ノ門大学院教授

「コンサルティングの本のなかで、最も専門家の役に立つのがシャインの著書だ」
オットー・シャーマー 『U理論』著者、MIT上級講師

「コンサルタント、カウンセラー必読」(土井英司)
ビジネスブックマラソン(2017/6/11)

「本書の構成上の優れた点は、著者の事例(失敗事例も含む)をふんだんに紹介しながら、そこからの学びを事例ごとにしっかり言語化している点である。また、各章末に『まとめと結論』『読者への提案』が記されているので、これもヒントに読み進められると頭がより整理されるだろう」(嶋田毅)
GLOBIS知見録(2017/5/27)

「具体的な質問の仕方、話の聞き方、そしてケースと、実践する上で欲しいと思う情報も提示された本書で、『本当の支援者』を目指してみてはどうだろうか」(編集部)
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー おススメ経営書(2017/5/25)

コンサルティングの世界の常識を覆した「プロセス・コンサルテーション」、
世界中の人々の職業観に多大な影響を与え続けている「キャリア・アンカー」
に続く新コンセプト。『人を助けるとはどういうことか』著者、最新刊!

■自分ではなく、 相手が答えを見出す「問い方と聴き方」
押しつけではない、本当に人の役に立つ「支援学」の極意(『人を助けるとはどういうことか』)と
自分ばかり喋るのではなく、「謙虚に問いかける」コミュニケーションの技法(『問いかける技術』)を
コンサルティングや支援の現場で活かす、という視点で書かれた実践的な本です。

■なぜ、「謙虚なコンサルティング」が必要なのか?
今日の組織は、解決に必要な知識や技術が自明でない問題に直面し、
「答えを提供する」から、「答えを見出せるよう支援する」へとコンサルタントの役割も変化。
「本当の支援」を実現するには、自分では答えを出せないことを自覚し、
謙虚な姿勢を選び、謙虚に問いかけることが不可欠なのです。

■25の事例から学ぶ、成功するコンサルティングと失敗するコンサルティングの違い
大失敗に終わった著者のコンサル第1号案件、たった一言でCEOを開眼させた「最高の支援」ほか
著者50年にわたるコンサルティング事例が満載。GE、P&Gなど実際の企業や組織の事例も多数。
「事例(背景、当事者の発言)」と「学び(失敗のワケ、成功要因)」を通して、実践のコツがつかめます。

原題 Humble Consulting: How to Provide Real Help Faster

傾聴できないときは深入りしない

1ヶ月後
1ヶ月後

自分に余裕がないときは、人と関わらないようにしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

傾聴できないときは、最低限の関わりで済ませるようにしています!

2023年4月
2023年4月

興味が持てるときに関わります!

傾聴して問題を見極める

1ヶ月後
1ヶ月後

相手の目的に興味を持って質問していきます!

3ヶ月後
3ヶ月後

目的を理解することを意識しています!

2023年4月
2023年4月

相手の目的を質問して掘り下げます!

示唆的な問いかけをする

1ヶ月後
1ヶ月後

示唆的な問いかけは控えて傾聴を練習しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

引き続き、示唆的な問いかけは控えて傾聴を練習しています!

2023年4月
2023年4月

解決策を言うより質問して気づきを与えます!

商品の説明

出版社からのコメント

(以下、「監訳者による序文」より一部抜粋)

思い出してみてほしい。これまでの人生で、相談を受けて相手の役に立つことができたと心から思える経験はあるだろうか。その時あなたはどんな姿勢で相手に向き合い、どんな言葉を投げかけただろうか。

私自身はどうかといえば、これは本当に相手のためになったと思えるエピソードが、確かに一つや二つはすぐに頭に浮かぶ。だが同時に、役に立ちたいと強く思っていたのに、結果として何も生みだすことができなかった苦い思い出も、多く思い起こされる。

うまくいった時とうまくいかなかった時の違いは、はたして何だったのだろうか。相談相手も状況もそれぞれ異なる中で、これだけはおさえるべき原則、というようなものはあるのだろうか。

会議室や職場、食事の席、あるいは電話やメールを通じて、私たちは日々相談を受けている。クライアントからの相談、上司や部下や同僚からの相談、旧友からの思いがけない相談。誤解を恐れずいえば、仕事の多くは「相談」から始まっている。

誰かに相談されたとき、どうすれば相手の役に立つことができるだろうか? 人生やビジネスにおけるこの重大な問いに答えるのが、本書である。

内容(「BOOK」データベースより)

『人を助けるとはどういうことか』著者、最新刊!顧客、部下、同僚、友人、家族…誰かに相談されたとき、どうすれば相手の役に立つことができるだろう?自分ではなく、相手が答えを見出す「問い方と聴き方」。

著者について

エドガー・H・シャイン Edgar H. Schein
1928年生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院名誉教授。シカゴ大学卒業後、スタンフォード大学で心理学の修士号、ハーバード大学で社会心理学の博士号を取得。1956年よりMIT スローン経営大学院で教鞭をとり1964年に組織心理学の教授に就任。1972年から1982年まで組織研究グループの学科長を務めた。2006年に退官し名誉教授となる。組織文化、組織開発、プロセス・コンサルテーション、キャリア・ダイナミクスに関するコンサルティングを行い、アップル、P&G、ヒューレット・パッカード、シンガポール経済開発庁など多数の企業・公的機関をクライアントとしてきた。『キャリア・アンカー』(白桃書房)、『プロセス・コンサルテーション』(同)、『組織文化とリーダーシップ』(同)、『人を助けるとはどういうことか』(英治出版)、『問いかける技術』(同)など著書多数。

監訳者 金井 壽宏 Toshihiro Kanai
1954年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科教授。1978年京都大学教育学部卒業、1980年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、 1989 年マサチューセッツ工科大学でPh.D.、1992年神戸大学で博士(経営学)を取得。モティベーション、リーダーシップ、キャリアなど、働く人の生涯にわたる発達や、組織における人間行動の心理学的・社会学的側面を研究している。最近はクリニカルアプローチによる組織変革や組織開発の実践的研究も行っている。『変革型ミドルの探求』(白桃書房)、『ニューウェーブ・マネジメント』(創元社)、『経営組織』(日経文庫)、『働くひとのためのキャリア・ デザイン』(PHP新書)、『リーダーシップ入門』(日経文庫)など著書多数。

訳者 野津 智子 Tomoko Nozu
翻訳家。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。主な訳書に、『サーバントであれ』『シンクロニシティ【増補改訂版】』『チームが機能するとはどういうことか』(いずれも英治出版)、『仕事は楽しいかね?』(きこ書房)、『グレートカンパニー』(ダイヤモンド社)、『スタンフォード・インプロバイザー』『外資系キャリアの出世術』(ともに東洋経済新報社)、『夢は、紙に書くと現実になる!』(PHP研究所)、『5つのツール』(早川書房)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シャイン,エドガー・H.
1928年生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院名誉教授。シカゴ大学卒業後、スタンフォード大学で心理学の修士号、ハーバード大学で社会心理学の博士号を取得。1956年よりMITスローン経営大学院で教鞭をとり1964年に組織心理学の教授に就任。1972年から1982年まで組織研究グループの学科長を務めた。2006年に退官し名誉教授となる。組織文化、組織開発、プロセス・コンサルテーション、キャリア・ダイナミクスに関するコンサルティングを行い、アップル、P&G、ヒューレット・パッカード、シンガポール経済開発庁など多数の企業・公的機関をクライアントしてきた

金井/壽宏
1954年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科教授。1978年京都大学教育学部卒業、1980年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、1989年マサチューセッツ工科大学でPh.D.、1992年神戸大学で博士(経営学)を取得。モティベーション、リーダーシップ、キャリアなど、働く人の生涯にわたる発達や、組織における人間行動の心理学的・社会学的側面を研究している。最近はクリニカルアプローチによる組織変革や組織開発の実践的研究も行っている

野津/智子
翻訳家。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら