本 要約【POWERS OF TWO 二人で一人の天才】ジョシュア ウルフ シェンク #116

スポンサーリンク
3社会科学
スポンサーリンク

概要

「刺激的なエピソードの数々に、頁をめくる手は止まらない」朝井リョウ・作家 (2017/5/21 読売新聞 書評)
「ペアという着眼の面白さに脱帽である」山本貴光・ゲーム作家 (2017/6/17 日経新聞 書評)
「天才の力を開花させた、2人組の効果を解き明かす」今泉愛子・ライター (2017/6/15 Pen 書評)

世界で最も革新的な企業。音楽史上最高のアルバム。生命の秘密を解く発見…。
各界の偉大な「二人組」の出会い、関係成熟のプロセスから明らかになる伝説の舞台裏!

本書に登場するクリエイティブ・ペア
・アップル共同創業者: スティーブ・ジョブズ&スティーブ・ウォズニアック
・20世紀最高の作曲デュオ: ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
・最も成功した投資パートナー: ウォーレン・バフェット&チャーリー・マンガー
・行動経済学の共同創始者: ダニエル・カーネマン&エイモス・トベルスキー
・DNA二重らせん構造の共同発見者: ジェームズ・ワトソン&フランシス・クリック
・『サウスパーク』共同制作者: トレイ・パーカー&マット・ストーン
・スポーツ史上最強の双子: ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
・累計3億部のベストセラー作家コンビ: C・S・ルイス&J・R・R・トールキン

私たちは「孤高の天才」に憧れを抱く。
驚異的なひらめき、非凡な才能。
だが、それは幻想にすぎない。

世界で最も革新的な企業。
音楽史上最高のアルバム。
生命の秘密を解く発見。

あらゆる分野の革新は、刺激し合い、補完し合う
「クリエイティブ・ペア」が生み出してきた。
天才たちは、1+1が無限大に感じる人と
ペアを組んで偉業を成し遂げてきた。

一人では何もできないが、二人なら何でもできる。
――どうすれば、そういう人間関係を築けるだろう?

1対1の関係を大切にする

1ヶ月後
1ヶ月後

相手が嫌でないなら、2人で会うようにします!

3ヶ月後
3ヶ月後

話したい人とは2人で会うようにしています!

2023年3月
2023年3月

5人以上の飲み会は極力断り、自分から誘うときは2人にします!

反応に注意しつつ主張する

1ヶ月後
1ヶ月後

相手の様子を伺い、主張できそうなら主張しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

仕事では自分の時間を確保できるように、相手の様子を伺いながら主張しています!

2023年3月
2023年3月

相手の反応を伺いつつ、仕事では効率、私用では効果を重視して主張していきます!

自分の役割を演じる

1ヶ月後
1ヶ月後

余裕のあるときは積極的に人と関わり、ないときは最低限にします!

3ヶ月後
3ヶ月後

大切な人とは余裕のあるときは積極的に関わり、ないときは最低限にしています!

2023年3月
2023年3月

傾聴できるときに相手の期待の1.1倍になるように関わっていきます!

商品の説明

出版社からのコメント

(以下、「訳者あとがき」より一部抜粋)

創造は孤独な世界であり、歴史を変えるひらめきが天才に降臨する。そんな「孤高の天才」のイメージは、実は神話にすぎない。真のクリエイティビティとイノベーションは、親密な人間関係や社会のネットワークのなかで生まれ、育まれる。それがこの本の出発点だ。

では、天才たちはどのようにイノベーションを成し遂げるのだろうか。そのプロセスを分析するために、著者は人間関係の基本である2人組に注目する。創造的な2人が出会って「クリエイティブ・ペア」を組み、関係が発展して、全盛期を謳歌し、突然あるいは必然的な幕切れを迎える。そんな「ペアの生涯」を6つのステップでたどりながら、創造性と人間関係のダイナミズムを描き出していく。

「孤高の天才」が神話だとしても、著者が選んだようなメジャーすぎる2人組には、やはり神秘性を感じずにいられない。それぞれのペアだけで本を1冊書けそうな、魅力的なエピソードも満載だ。しかし、いわゆる運命の出会いも、共通の人間や関心が仲介している場合が多い。奇跡や偶然だけでは行き詰まるだろう。クリエイティブ・ペアは、引き寄せられるのではなく、2人がそれぞれ出会いを引き寄せるとも言える。そして、出会いの先へと発展していくプロセス――「私」ではなく「私たち」として成長し、2人の周囲に人間関係のインフラが築かれていくプロセス――は、意外に地道で人間くさい。

創造やイノベーションの担い手である2人組を通して浮かび上がる人間関係の構図は、私たちの日常のさまざまな関係にもあてはまる。自分の人生を変えるような出会いを経験し、初対面で2人のあいだに火花が走るのが確かに見えて、その人といると1プラス1が無限大になるような力を感じる。そんな人間関係に誰でも憧れるだろうし、きっと経験したことがあるだろう。そんな出会いの意味を理解できれば、私たちの世界が広がるかもしれない。

内容(「BOOK」データベースより)

一人では何もできない。二人なら何でもできる。アップルもグーグルもソニーも、なぜ二人で起業?あらゆるイノベーションは、二人組から生まれる?クリエイティブ・ペアに学ぶ、創造性のシンプルな本質。

著者について

ジョシュア・ウルフ・シェンク Joshua WolfShenk
キュレーター、エッセイスト、作家。精神衛生、歴史、現代政治・文化、創造性をテーマに講演・執筆。ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーカー、GQなどに寄稿。一般の人々が体験談を語るストーリーテリングのイベント「モス」に立ち上げから関わる。また、心理学から創造性を研究する「アーツ・イン・マインド」を主宰。著書『リンカーン』(明石書店)は、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの年間ベストブックにノミネートされた。ロサンゼルス在住。

矢羽野 薫 Kaoru Yahano
会社勤務を経て翻訳者に。訳書に『ヤバい統計学』(CCCメディアハウス)、『マイクロソフトでは出会えなかった天職』『ビッグデータの残酷な現実』(いずれもダイヤモンド社)、『ワーク・ルールズ! 』(共訳・東洋経済新報社)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シェンク,ジョシュア・ウルフ
キュレーター、エッセイスト、作家。精神衛生、歴史、現代政治・文化、創造性をテーマに講演・執筆。ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーカー、GQなどに寄稿。一般の人々が体験談を語るストーリーテリングのイベント「モス」に立ち上げから関わる。また、心理学から創造性を研究する「アーツ・イン・マインド」を主宰。著書『リンカーン』(明石書店)は、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの年間ベストブックにノミネートされた。ロサンゼルス在住

矢羽野/薫
会社勤務を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら