本 要約【わたしはどこにあるのか】マイケル S ガザニガ #23

スポンサーリンク
4自然科学
スポンサーリンク

概要

世界最高峰の学者だけが教壇に立てる「ギフォード講義」をもとにまとめられた本書で著者は、脳科学の足跡を辿りつつ、精神と脳の関係、自由意志と決定論、社会性と責任、法廷で使用されはじめた脳科学の成果の実態などを、やさしく語りかけるように論じる。行き過ぎた科学偏重主義に警鐘を鳴らし、人間の人間らしさを讃える一冊。

新発見の度に仮説は振り出しに戻る

2ヶ月後
2ヶ月後

本やパレオさんのブログ、DaiGoさんのDラボから情報収集しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

本やパレオさんのブログ、DaiGoさんのDラボから情報収集しています!

1年後
1年後

パレオさんのブログを中心に最新情報をインプットしていきます!

二足歩行は致命的な特徴である

2ヶ月後
2ヶ月後

生物の進化は合理的で、デメリットの裏にメリットが隠れているため、両方を意識します!

3ヶ月後
3ヶ月後

デメリットを感じたらそのメリットを考えてみます!

1年後
1年後

デメリットを感じたらメリット、メリットを感じたらデメリットを考えています!

脳は二足歩行によって幅広い考案をできる程に発達した

2ヶ月後
2ヶ月後

与えられた資源や得られる資源は、積極的に自分で試していきます!

3ヶ月後
3ヶ月後

与えられた資源や得られる資源は、活用していきます!

1年後
1年後

変えられないことは受け入れて、勤勉と節約を続けます!

脳の進化を後押ししたのは創意工夫と模倣である

2ヶ月後
2ヶ月後

DaiGoさんやパレオさん、ひろゆきさんのおすすめは自分で試してみて、アレンジしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

DaiGoさんやパレオさん、ひろゆきさんのおすすめは自分で試し、アレンジしています!

1年後
1年後

パレオさんやDaiGoさん、ひろゆきさんのおすすめは試し、アレンジしています!

捕食者を出し抜くには大きな集団で生活する

2ヶ月後
2ヶ月後

自分がリーダーでない大集団は苦手のため、家族や助け合える友達は小集団を大切にします!

3ヶ月後
3ヶ月後

大きな集団は苦手なので、家族や友達などの助け合える小さな集団を大切にします!

1年後
1年後

会社では指示通りに動く兵隊を演じ、私生活では自分で考えて行動しています!

ラスベガスではヒトはネズミに負ける

2ヶ月後
2ヶ月後

人間には合理性を歪める認知バイアスがあることを意識します!

3ヶ月後
3ヶ月後

認知バイアスを認識して有利な土俵で競うようにします!

1年後
1年後

バイアスを活用できるように理解を深めていきます!

人類の歴史は小集団で遊動生活していた時代がほとんどである

2ヶ月後
2ヶ月後

家族や友達の小集団と新しい出会いを大切にします!

3ヶ月後
3ヶ月後

家族や友達など助け合える小集団を大切にし、新しい出会いで最適な小集団にしていきます!

1年後
1年後

自分の価値観を追求できる行動を試行錯誤し、より合理的な行動を増やしていきます!

ヒトに相応しい社会集団の数は150人である

2ヶ月後
2ヶ月後

人間関係をリセットして自由になる心理学を読んで30人まで減らしました!

3ヶ月後
3ヶ月後

さらに23人まで減らしました!

1年後
1年後

32人になっていたので30人にしました!

ヒトは合理的な判断ができない

2ヶ月後
2ヶ月後

自分も含めて合理的な判断はできないため、合理を求めて他者を否定しないようにします!

3ヶ月後
3ヶ月後

批判を言動に出さず、ディフュージョンして現実と切り離し、思考で終わらせるようにします!

1年後
1年後

人によって価値観は違い、合理的な行動も変わるため、否定せず割り切るようにしています!

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私たちは責任ある動作主だ―とはいえ、誰かが脳のなかにいて、判断を下し、レバーを引いていると感じることがある。いったい“わたし”の統括責任者は誰なのか?それは脳のなかのどこにあるのか?英国スコットランドの伝統ある一般公開講座「ギフォード講義」で語られた内容をもとにまとめられた、認知神経科学の父とも言われるガザニガの集大成。

著者について

マイケル・ガザニガ:1939年生まれの神経科学者。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。米国認知神経科学研究所の所長などを務める、認知神経科学の世界的指導者。邦訳された著書に『人間らしさとはなにか?』『脳のなかの倫理』『社会的脳』ほか。

藤井留美:翻訳家。訳書にカーター『新・脳と心の地形図』『脳と意識の地形図』『話を聞かない男、地図を読めない女』ほか多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ガザニガ,マイケル・S.
1939年生まれ。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。同大学のSAGE精神研究センター所長。米国認知神経科学研究所の所長を務め、認知神経科学の父とも言われる世界的権威。2001年から大統領生命倫理評議会のメンバーを9年間務める。米国芸術科学アカデミー会員

藤井/留美
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら