★★

スポンサーリンク
3社会科学

本 要約【資本主義の次に来る世界】ジェイソン・ヒッケル #716

概要デカルトの二元論は「人間」と「自然」を分離した。そして資本主義により、自然や身体は「外部化」され、「ニーズ」や「欲求」が人為的に創出されるようになった。資本主義の成長志向のシステムは、人間のニーズを満たすのではなく、「満たさないようにす...
4自然科学

本 要約【遺伝と平等 人生の成り行きは変えられる】キャスリン・ペイジ・ハーデン #715

概要遺伝とはくじ引きのようなもの―だが、生まれつきの違いを武器とできれば、人生は変えられる。遺伝と学歴の関係や双子の研究をしてきた気鋭のアメリカの研究者が、科学と社会をビッグデータでつなぎ「新しい平等」を指向する、全米で話題の書。最新遺伝学...
4自然科学

本 要約【サイエンスフィクション あなたの知らない科学の真実】スチュアート・リッチー #714

概要スタンフォード監獄実験はイカサマだった! 科学者の1.97%がデータを捏造したことがある!? 科学における不正・怠慢・バイアス・誇張が起きる仕組みを多数の実例とともに解説する。著者スチュアート・リッチー心理学者。キングス・カレッジ・ロン...
31政治含む国防軍事

本 要約【実験の民主主義】宇野重規/若林恵 #702

概要デジタルが社会を変える時代。だが技術の進展は分断を生み、民主主義の後退と政治の機能不全は深刻だ。なぜ私たちは民主主義を実感できないのか? 本書では、大転換期を生きたトクヴィルの思索と行動を手がかりに、選挙ではなく行政府に、政党ではなく結...
2歴史地理

本 要約【経済成長の起源】マーク・コヤマ/ジャレド・ルービン #695

概要世界はどのようにして豊かになったのか? 持続的な経済成長に成功した経済圏には前提条件があった! その条件を、地理、政治、文化、宗教、人口動態、植民地などの要因をもとに、最新理論を引きつつ検証する。著者マーク・コヤマジョージ・メイソン大学...
3社会科学

本 要約【熟達論 人はいつまでも学び、成長できる】為末大 #692

概要基礎の習得から無我の境地まで、人間の成長には5つの段階がある。その階段を昇るのに年齢は関係ない。では、壁を越え、先に進むために必要なものは何か。自分をどう扱えばいいのか。「走る哲学者」が半生をかけて考え抜き、様々なジャンルの達人たちとの...
1哲学宗教心理学

本 要約【父が息子に語る壮大かつ圧倒的に面白い哲学の書】スコット・ハーショヴィッツ #682

概要この世界は「思っているような世界」ではないかもしれない-。イェール×オックスフォード卒の異才教授が放つ、前代未聞の哲学ツアー。古典から現代哲学まで、時空を超えて縦横無限に駆け巡る。著者スコット・ハーショヴィッツミシガン大学の法学および哲...
3社会科学

本 要約【両立思考】ウェンディ・スミス/マリアンヌ・ルイス #681

概要私たちは不確実性に出会うと、そこから逃げ、もっと確かで安定した根拠を求めたくなる。その結果、明確さを求めていずれかの選択肢を選ぶ欲求に駆られる。しかしそれは、多くの混乱を伴ういばらの道である。競合する要求を成り立たせ、新たなアプローチを...
1哲学宗教心理学

本 要約【目的への抵抗】國分功一郎 #678

概要自由は目的に抵抗する。そこにこそ人間の自由がある。にもかかわらず我々は「目的」に縛られ、大切なものを見失いつつあるのではないか―。コロナ危機以降の世界に対して覚えた違和感、その正体に哲学者が迫る。ソクラテスやアガンベン、アーレントらの議...
1哲学宗教心理学

本 要約【モラルトライブズ】ジョシュア・グリーン #709

概要これが道徳の正体だ。では、どうすればいい? 心理学や神経科学といった、人間のこころと脳のはたらきに関する最新の知見を織り交ぜながら、野心的かつユニークに道徳哲学を議論する。著者ジョシュア・グリーン1972年生まれ。ジャーナリスト。コネチ...
スポンサーリンク