20歴史総記

スポンサーリンク
2歴史地理

本 要約【地球史マップ】クリスチャン・グラタル #707

概要圧倒的な情報量。一目で理解できるわかりやすさ。大人も子供も使える、一生ものの情報地図が登場!プレートの過去と未来、火山の噴火、大気の循環、生命の歴史、サピエンスの拡散と交雑、都市化、戦争と環境破壊――。考古学者、天体物理学者、生物学者、...
2歴史地理

本 要約【国境と人類】ジェイムズ・クロフォード #697

概要難民、パンデミック、気候変動…すべては国境問題につながる。人類にとって「国境」とは何か。古代の戦跡から、パレスチナ、トランプの壁、解ける氷河まで、歴史的転換点の現場で考える。著者ジェイムズ・クロフォード線で世界が変わる線で世界が変わる国...
2歴史地理

本 要約【万物の黎明】デヴィッド・グレーバー/デヴィッド・ウェングロウ #674

概要『負債論』『ブルシット・ジョブ』のグレーバーの遺作、ついに邦訳。「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー。考古学、人類学の画期的な研究成果に基づく新・真・世界史! 人類の歴史は、これまで語られてきたものと異なり、遊び心と希望に満ちた可能性...
2歴史地理

本 要約【技術革新と不平等の1000年史】ダロン・アセモグル/サイモン・ジョンソン #662

概要農法改良から産業革命、人工知能の進化まで。技術革新がどのような状況下で限られた社会エリート層にしか利益をもたらさなかったのか、もしくは、どのような状況下で広く繁栄をもたらしたのか、歴史を通じて明らかにする。著者ダロン・アセモグルマサチュ...
2歴史地理

本 要約【国家はなぜ衰退するのか】ダロン・アセモグル/ジェイムズ・A・ロビンソン #660

概要世界にはなぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか? 長期的な経済発展の成否を左右する最も重要な要因は、政治経済制度の違いであることを、歴史的な比較分析で論証する。著者ダロン・アセモグルマサチューセッツ工科大学(MIT)エリザベス&ジェイムズ...
20歴史総記

本 要約【自由の命運】ダロン・アセモグル/ジェイムズ・A・ロビンソン #661

概要自由の命運を握る「狭い回廊」とは? 内戦下のシリアから古代ギリシア、建国期のアメリカ合衆国、現代中国まで、古今東西の豊富な歴史研究をもとに、ますます貴重になりつつある自由を保つための国家と社会の力関係を論じる。著者ダロン・アセモグルマサ...
2歴史地理

本 要約【暴力の人類史】スティーブン・ピンカー #609

概要人類はこの世界から暴力を根絶し、平和に向かうことができるのか?先史時代から現代まで人類の歴史を通観しながら、神経生物学や脳科学など最新知見を総動員し、暴力をめぐる人間の本性を精緻に分析。壮大なスケールで大胆な仮説を提示する、人類の未来へ...
2歴史地理

本 要約【進歩】ヨハン ノルベリ #348

概要いたるところ破滅と悲惨――ニュースやメディアが書き立てるネガティブな終末世界、そんなものは嘘っぱちだ。啓蒙主義思想が普及して此の方、世の中はあらゆる面でよくなってきた。食べ物も増え、衛生設備もぐっと普及し、寿命も延び、豊かさもまし、平和...
2歴史地理

本 要約【ブループリント 下】ニコラス クリスキタス #294

概要経済格差、人種、国家間対立…。今ほど「分断」が強調される時代はない。だがちょっと待ってほしい。こうした分断はなぜ起こるのだろう?それは進化の過程で、私たちが「仲間」を愛し、尊重する能力を身につけたからだ。この能力こそが、世界の命運を握る...
20歴史総記

本 要約【21世紀の啓蒙 下】スティーブン ピンカー #276

概要知の巨人ピンカーが綴る、事実に基づく希望の書。健康と医学、食糧事情…。多くの領域が啓蒙の理念と実践により改善されてきたことをデータを用いて明らかにし、無根拠な「衰退の予言」の欠陥を指摘する。テロが世界を滅ぼすことはないテロが世界を滅ぼす...
スポンサーリンク