11心理学

スポンサーリンク
1哲学宗教心理学

本 要約【自閉スペクトラム症の感覚世界】井手正和 #726

概要最新の脳科学研究と当事者の言葉やアートから、感覚過敏や感覚鈍麻をはじめとするASD者の知覚・感覚の世界を解明。その多様な姿から「感覚とは何か」に迫る。著者井手正和[イデマサカズ]国立障害者リハビリテーションセンター研究所脳機能系障害研究...
1哲学宗教心理学

本 要約【発達障害大全】黒坂真由子 #725

概要発達障害について、知っておきたかったこと、知りたいこと、これから知っておいたほうがよさそうなこと。生きづらさを軽くするため、知りたいことすべて ―― ありそうでなかった「発達障害の教科書」。発達障害の子を育てる編集者・ライターが、各界第...
1哲学宗教心理学

本 要約【隠れアスペルガーという才能】吉濱ツトム #723

概要“生きづらさ”の原因は、グレーゾーンアスペルガーにあった。アスペルガー症候群にはきちんと診断がつくいわば「真性アスペルガー」の他に、グレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人たちが大勢います。彼らは強すぎる劣等感を抱え、他人とコミュ...
1哲学宗教心理学

本 要約【自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える生きづらさの正体】本田秀夫 #722

概要臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースの維持が最優先―あなたの身の回りにそんな人はいませんか?あるいは、あなた自身そういう自覚がありませんか?自閉症とアスペルガー症候群の垣根を取り払い、連続した1つの状態と捉えることで、...
1哲学宗教心理学

本 要約【成人アスペルガー症候群の認知行動療法】ヴァレリー・L・ガウス #721

概要人間関係がうまくいかず、生きづらさを感じ、孤立してしまうアスペルガー症候群を持つ大人たち。本書は、成人のアスペルガー症候群に対してCBTを中心とする援助を提供するための包括的なガイドブックである。著者ヴァレリー・L・ガウス1992年にニ...
1哲学宗教心理学

本 要約【発達障害 生きづらさを抱える少数派の種族たち】本田秀夫 #720

概要発達障害とは、なんらかの機能や能力が劣っているのではありません。「病気」というよりも、「選好性の偏り」と考えるほうが、ずっと当事者の理解に役立ちます。「選好性」とは「~よりも~を優先する」という心の志向性です。たとえば「対人関係よりもこ...
1哲学宗教心理学

本 要約【困った上司 やっかいな同僚】エイミー・ギャロ #712

概要職場の人間関係を劇的に改善する、具体策が満載のガイドブック。困った上司や同僚を8つのタイプに分類し、9つの原則で解決する!職場問題のエキスパートが教える実践的なテクニックと、誰もが共感できる豊富なエピソードの数々。心が折れる前に試してほ...
1哲学宗教心理学

本 要約【まいにちメンタル危機の処方箋】内田舞 #680

概要「ちょっといま、キツいかも…」を乗りこえるために。ハーバード大学准教授、精神科医であり3児の母の著者が送る、科学的で日常づかいなセルフケアの方法。まだ、大丈夫。でも実はつなわたり。そんな私への処方箋。著者内田舞[ウチダマイ]小児精神科医...
1哲学宗教心理学

本 要約【モラルトライブズ】ジョシュア・グリーン #709

概要これが道徳の正体だ。では、どうすればいい? 心理学や神経科学といった、人間のこころと脳のはたらきに関する最新の知見を織り交ぜながら、野心的かつユニークに道徳哲学を議論する。著者ジョシュア・グリーン1972年生まれ。ジャーナリスト。コネチ...
1哲学宗教心理学

本 要約【なぜ世界はそう見えるのか】デニス プロフィット/ドレイク ベアー #632

概要友人と一緒だと、坂の勾配がゆるやかに見える。糖分を摂取すると、物までの距離を短く見積もる。嫌悪感を抱きやすいと、政治的に保守になりやすい。なぜ、こんなことが起きるのか?“身体化された認知”分野のパイオニアと熟練ライターがタッグを組み、「...
スポンサーリンク