本 要約【いつも時間がないあなたに】センディル ムッライナタン、エルダー シャフィ #26

スポンサーリンク
3社会科学
スポンサーリンク

概要

いつも時間に追われていて、思うとおりに物事が片付けられない。それなりの収入はあるのに、目の前の出費のために、借金を重ねてしまう。ダイエットをしようとたびたび取り組むけれど、長続きしない。人の気を引こうと熱をもって話しかけるが、いつも相手はつまらなそうなだけ。薬を処方通りキチンと飲まないから、いつまでも治らない。こうした、同じ状態から抜け出せない人は多いですが、じつはこれらはすべて、必ずしもその人の資質によらない、ある共通の要因がもとで起こっていたのです。さまざまのめざましい実験・研究成果を応用し、期待の行動経済学者コンビが初めて世に贈る一冊。

1つに集中することは他を疎かにする

1ヶ月後
1ヶ月後

状況に合わせて集中する対象を選べるように、1日に計15分以上の瞑想をしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

1日に計15分以上の瞑想は継続し、今やるべきことを意識するようにしています!

1年後
1年後

常に余裕を持つことを心掛け、余裕のないときは必要最低限のことだけをします!

富裕層は支出を記録しない

1ヶ月後
1ヶ月後

収入の確認も勿体ないので本業は確認せず、副業は成長につながるので毎日確認しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

副業も毎日みて一喜一憂しても仕方がないので、日曜にまとめてみて成長を確認しています!

1年後
1年後

時間の管理も勿体無いので、ライフサイクルや副業時間を記録をしないことにしました!

欠乏するとさらに不利な状況に陥いる

1ヶ月後
1ヶ月後

仕事(効率重視)→食事→睡眠→運動→習慣→遊び→リマインダー→読書の優先順位にしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

仕事(効率重視)→食事→睡眠→運動→予定→習慣→リマインダー→読書の優先順位にしています!

1年後
1年後

睡眠→食事→運動→瞑想→仕事(効率重視)→予定→習慣→リマインダー→副業にしています!

時間とお金で合理的な判断はできない

1ヶ月後
1ヶ月後

最初に安値のものに決めておき、偶然その場で切り換えられる場合は、安いもの切り換えます!

3ヶ月後
3ヶ月後

単価や送料、ポイントなど計算が面倒なので、誤差が100円未満だと分かれば直感で決めます!

1年後
1年後

貧乏性で確認した方が落ち着くので、本は図書館を使ってお金を使う機会を減らしています!

重要だが緊急でない選択を先延ばしする

1ヶ月後
1ヶ月後

SIMPLE RULESを読み、設定したルールやルーティンは週末に見直しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

日曜にルールと習慣、収益を確認し、価値や目標、行動を修正しています!

1年後
1年後

仕事は緊急度で優先順位をつけ、自分がやる仕事を最低限にしています!

自制心は使うと消耗する

1ヶ月後
1ヶ月後

毎日する行動やしたい行動はタイムボクシング化し、カレンダーに登録しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

天才たちのライフハックを読み、自制心とストレス対策も含めた習慣を意識しています!

1年後
1年後

自分ルールと習慣で、自制心は温存するようにしています!

予定の組み直しが事態を悪化する

1ヶ月後
1ヶ月後

25分毎に5分、昼食後と夕食後に30分の空き時間を設定し、不足した時間を修正しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

この習慣を継続して空き時間にできないことは、元の予定を優先して翌日以降に回しています!

1年後
1年後

組み直ししないで済むように、予定は週1しか入れず、移動時間は1.5倍で見積もっています!

処理能力を元に計画を立てる

1ヶ月後
1ヶ月後

引き続き食事や睡眠、運動の時間は決めておき、残りの時間で仕事と遊びをしています!

3ヶ月後
3ヶ月後

正社員は必要な仕事は避けれないので、仕事(効率重視)→食事→睡眠→運動→遊びにしています!

1年後
1年後

緊急度の高い仕事だけをこなして、できるだけやることを減らしています!

トレードオフ思考は処理能力を下げる

1ヶ月後
1ヶ月後

事前にルールにできるものは、自分が続けれられる範囲でルール化しています!

3ヶ月後
3ヶ月後

自分のストレスに応じて、ルールと習慣を柔軟にしたり強固にしたりし、調整しています!

1年後
1年後

今後も発生する意思決定は、目安を決めてその90%~110%で行動するようにしています!

あなたも読書を始めよう

・自分が最大の資本であり、最大の投資先になる

・今が人生で一番若く、早く始めるほど複利が働く

・本は信憑性があり、読書は能動的ため成長できる

自己投資 は 20代 × 読書 が 最強 !?理由を分かりやすく論理的に説明!
悩める人社会人になったけど自己投資とかした方がいいのかな?悩める人した方が良さそうだけどなぜ自己投資するのかしら?自己投資といっても色々あり、読書でいいのか気になるところだと思います。自己投資や読書が良いことはなんとなくわかっていても、せっ...

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いつも時間に追われていて、思うとおりに物事が片付けられない。それなりの収入はあるのに、目の前の出費のために、借金を重ねてしまう。ダイエットをしようとたびたび取り組むけれど、長続きしない。人の気を引こうと熱をもって話しかけるが、いつも相手はつまらなそうなだけ。薬を処方通りキチンと飲まないから、いつまでも治らない。こうした、同じ状態から抜け出せない人は多いですが、じつはこれらはすべて、必ずしもその人の資質によらない、ある共通の要因がもとで起こっていたのです。さまざまのめざましい実験・研究成果を応用し、期待の行動経済学者コンビが初めて世に贈る1冊。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者について

◎著者紹介
センディル・ムッライナタン(Sendhil Mullainathan)
ハーバード大学経済学教授。俗に「天才賞」と呼ばれるマッカーサー賞の受賞者で、専門は行動経済学・発達経済学。

エルダー・シャフィール(Eldar Shafir)
プリンストン大学ウィリアム・スチュワート・トッド心理学教授。専門は認知科学、行動経済学。

二人は行動経済学の成果の社会問題への応用をアドバイスする非営利組織〈アイデアズ42〉の共同創立者である。

◎訳者略歴
大田直子(おおた・なおこ)
翻訳家。東京大学文学部社会心理学科卒。訳書にイーグルマン『意識は傍観者である』、グリーン『隠れていた宇宙』、サックス『見てしまう人びと』『心の視力』『音楽嗜好症』、ドーキンス『ドーキンス博士が教える「世界の秘密」』ストーン&カズニック『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史1』、ブリファ『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』ほか多数。
–このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ムッライナタン,センディル
ハーバード大学経済学教授。俗に「天才賞」と呼ばれるマッカーサー賞の受賞者で、専門は行動経済学・発達経済学。行動経済学の成果の社会問題への応用をアドバイスする非営利組織“アイデアズ42”の創立者

シャフィール,エルダー
プリンストン大学ウィリアム・スチュワート・トッド心理学教授。専門は認知科学、行動経済学。行動経済学の成果の社会問題への応用をアドバイスする非営利組織“アイデアズ42”の創立者

大田/直子
翻訳家。東京大学文学部社会心理学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

僕が読書に使っているサービス3選

Amazon Prime

・Amazonの有料会員制サービス

・Prime Reading対象のKindle本1000冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Kindle Unlimited

・電子書籍の定額読み放題サービス

・Kindle Unlimited対象のKindle本200万冊以上が読み放題

・30日間の無料体験はこちら

Amazon Audible

・本をアプリで聴けるサービス

・Audible対象の40万冊以上の本がいつでもどこでも聴ける

・30日間の無料体験はこちら